不思議な世界

「台風が去って、

素晴らしい青空になった。」

星新一 『おーい でてこーい』

だといいんですけどね。

皆様、台風大丈夫でしたか?

今週はバッテリーパートより

おせきがお送りいたします。

練習場所は、テントが波打つくらいの風。

猛風吹きすさぶ中の練習となりました

今週のLA。

なびく、テントの柱は浮く、

ボトムベースは煽られる・・・。

風吹いたら腰にくるわぁ・・・。

 

しかし!練習は続く。何としても続ける。

なぜなら・・・。

今日、初ランスルーだから!!!!

「え、今日昼から雨なん?」「じゃあ昼イチにやっちゃおう☆」

そんな当日スケジュールにも対応しちゃう。それがLA。

そして雨雲レーダーを華麗に駆使し、降雨直前に撤収完了しちゃうのもLA

時間は少し短かったもののランスルーも達成

無事練習が終わりました。

ランスルーに向けビシバシ、されどスマイル。の図


さて冒頭に戻って。

突然ですが皆様は、「ショートショート」というものをご存じでしょうか。

通常の小説よりもはるかに短い、数ページ程度の作品のことをそう呼びます。

短いのか!これくらいかな!の体現(違います)

内容のジャンルは特に決められていません。ただ、三原則として

「新鮮なアイデア、完全なプロット、意外な結末」

が盛り込まれたものである、とされています。

そのため、自然とどこか不思議な作風

多くなるんですよね。

ちょっとゾク、ってする感じ。

と、ここまで考えてふと思考が寄り道する私。

(文中の「私」とは別人です。)

あれ、ちょっとマーチングに似てる・・・?

いやそんなMasala・・・いやまさか。

でも考えてみて。

毎年何十、何百という団体が

ショーを創っていく中で

見ていて飽きる、という現象が起きない

新鮮さ

至る所に散りばめられた、

MASAKA!の展開。

ずっとそこにいたのに何処か他の場所へとしてきたような世界観。

されどその時間にして

10分足らずのショートストーリー

ほら一緒。ショートショートに超親近感

皆様ぜひ、こちらの世界へも

足をお運びください。

星新一さん、はっぴーばーすでい。

Related post

最近の記事

  1. 2020.09.9

    不思議な世界
  2. 2020.01.21

    束の間の休息
  3. 2020.01.17

    今年は8人の…

アーカイブ

PAGE TOP