パートリーダが思うがままに語るH2O ~ばりとん編

どうもやすいです。
思うがままに今年のLAについて述べよ。
とのお題をいただきましたので書きなぐっていこうと思います。
先週のテンションは引き継がない絶対。
では、よろしくお願いします!

2018923_180926_0011.jpg

お気に入りのインスタ映え写真(インスタしてない)

先週のうるさいやつがLAへの想いをつれづれてくれましたので、私は今年度のお話を。
LA2018~「H2O」~ 皆様ご覧いただけましたでしょうか?\(^o^)/

あらゆるところに新たな試みが含まれたShow。
そんなLAの魅力を少しでもお伝えできればと思います!

 

c6cb574c0fb7980217a83db0fc5557c97_4620693218512165837_181109_0116.jpg

羽の動きまで意識して表現します!

Opening「H2O」
我らがDrum MajorのcallでShowが始まります。
新Drum Majorとは思えないほどの落ち着きっぷりですよねえ。かっこいい。

今年度の使用楽曲はドビュッシー「Images~水の反映」のみ。
クラシックをbugle向けにアレンジし、華やかな演奏から始まります。
ころころ変わる水の形や、分子の結合をイメージした円と円のつながりなど序盤から目が離せません!

20181014_181018_0007.jpg

ポーズよりTシャツが気になる

M1 「ICE」
First Pushの華やかさから一転、徐々に気温が下がり氷の世界へ。
凍えるような風をFront Pitで表現し、drill memberの形も四角、鋭いものへ。
Color Guardの手具は氷の結晶となり、視覚と聴覚で厳しい世界を表現します。
風景が容易に思い浮かぶ、素敵な構成となっております!

20181103_181109_0090.jpg

人数に対する打楽器の数は日本一かも(根拠なし) 

M2 「Water」
徐々に氷が溶け、ゆったりとした流れが見え始めます。
2曲目はAll pit ensembleのクラシック音楽。
Field内ではボール(=分子)を用いたパフォーマンス!
普段はdrumの彼が鍵盤を叩いていたり、10年以上楽器を演奏してきたメンバーがダンスしたり、、
メンバーの様々な挑戦も探してみてください!

c6cb574c0fb7980217a83db0fc5557c97_4620693218512165837_181109_0123.jpg

スピード感溢れますねえ

M3「Steam」
最後の状態は「気体」。
あらゆる制限なしに動きまわる分子の動きを表現しております。
Drum Majorの合図無しに、メンバーのみでグルーブを作っていく試みも新たな挑戦です!

最後は再びメインテーマ。
2曲目のクラシックオマージュから、転調とともに一気にクライマックスへ!
疾走感あふれるアレンジとなっております!

以上になります。まだまだ紹介しきれませんが、今回は失礼しようと思います。
さて、次回のShow dayは、、 なんと今週末11/23(祝)!
DCJ ALL JAPAN CHAMPIONSHIPS@日産スタジアム
です!今回の内容を思い起こしながらご覧いただけるとより一層楽しんでいただけるかも?
それでは横浜にてお会いしましょう!
でぃすみーす

Related post

最近の記事

  1. 2018.11.10

    関西大会
PAGE TOP