ホーンライン。

Legend of ANGELS
Drum&Bugle Corps
Bugleって何?
Corpsって何?
って思ったことありません?
しかもCorpsって
「コープス」って読むんじゃなくて
「コー」って読むんですよ。
pがどっか行っちゃった。
長くなりますが、ちょっとこの2つについて
2回に分けて書いていこうかと思います。
Bugle(ビューグル)について。
見た目は金管楽器ですよね。

でも、もともと楽器ではないって知ってました?
楽器ではないというと語弊があるかもしれませんが、
音楽を奏でるために作られたものはないです。

アメリカの南北戦争で主に活躍したようですね、
司令官の指揮を軍全体に伝えるために使用されていました。

指令を遠くまで伝えるように作られてきたため
音の飛び・遠達性はすごいです。

そこから、徐々に音楽にも使われるようになり、
軍の鼓笛隊を元にしたDrum corpsという種目が確立され
そこで使われるようになりました。

トランペット等、吹奏楽で使われるようなブラスと呼ばれるものは
もともと楽器として発達してきています。
BugleはBrassに比べて音が荒く、音程も合わせにくいようです。
またB♭管でなくG管。
ピアノでいう”ソ”の音が”ド”になります。
(この辺は分かる人だけでいいです笑)

でもね、それがいいんです。
その荒さ。

極めたらこんな感じ。
20年前の映像ですけどね。

LAはBugleの全盛期に立ち上げられた団体なので
結成当初からBugle使ってます。

DCIではBugleだけが認められていたのですが、
2000年頃からBrass使用可になり
現在では残念ながらBugleを使用する団体はありません。

この映像の音はタイムスリップでもしない限り
もう聞くことができない音ですね。

吹いたことないし
B♭管じゃなくてG管だし・・・
と思われてる方。

基本的な音の鳴らし方は変わりません。
違和感はあるかもしれませんが・・・

その辺はぜひ体感してください。

メンバー募集期間なので
見学だけでなく体験できます。
練習混じれます。
入団は・・・して欲しいですが強要はしません笑

ので、ぜひ遊びに来るだけでも一度来てみてください
お待ちしております。

↓↓見学体験お問い合せは下記URLのホームページ↓↓
↓↓Contactのボタンから↓↓

http://legend-of-angels.org/

次回はCorpsについてですね、語りたいと思います。

では。

Related post

最近の記事

  1. Let's クロスワード!
PAGE TOP